Piano Story演奏会企画について

 

 Piano Storyでは、皆様に、どのような演奏会を企画したら楽しんで頂けるか、また皆様の心に残るかを考え、作曲家や曲目について話をしながら身近で聴いて頂くサロンコンサートを複数回に渡り開催致しました。

 

 また同時に、皆様にも音楽を楽しんで頂き、演奏家にとっても励みになるようなPiano Story独自の演奏会スタイルを模索してまいりました。模索する中で、Piano Storyでは、同じ演奏家が、お客様との距離の近い2回のサロンコンサートシリーズと、その2回のサロンコンサートの集大成として同曲を音響施設の整ったコンサートホールで演奏する1回のリサイタルシリーズの計3回の演奏会を行うことで、観客の皆様に継続して演奏家の紹介をし、長く演奏家を応援して頂ける演奏会を目指したいと思いました。

 

そして、観客の皆様にも、身近で聴くサロンコンサートと音響施設の整ったコンサートホールでのコンサートの違いも楽しんで頂けたらと思います。

 

「Piano Story」には、すべてのピアノ曲には作曲家の思いが込められており、その物語をピアノで奏でるという意味と、演奏家や観客の皆様にとってもピアノを通してご自身の物語が創られていってほしいという願いを込めています。

 

Piano Storyの演奏会で、皆様とお会いできます事を心待ちにしています。

 

                             Piano Story